カテゴリ:未分類( 4 )

真理

誰も生とは何かということは語れない。なぜなら、死の意味を見つけ出せないものに、生の意味づけは不可能であるからだ。生の最終目的地である死は、生の消滅によって達成される。生の消滅が行き着く先であるのならば、途中下車しても何も変わらないのではないか。今死ぬことと、後で死ぬことに、一体どれだけの違いがあるというのか。

人々は物語に生きている。
親子愛という物語。友情という物語。愛情という物語。国民という物語。家族という物語。法律という物語。生きる事をのみ目的として存立する物語に、人々は所属している。死ぬという事を本源的に捕らえて物語は作られない。宗教の輪廻転生や、天国も、所詮は生を物語る上で作られたに過ぎない。なぜ死ぬという事を目的として物語を作られないか。それは、そもそも死ぬという事を物語れないからである。死ぬことを目的としてしまえば、家族や友情や国家など、意味のないことになってしまい、生の座標を位置づけることは不可能になってしまう。

死とは絶対的な存在だ。絶対的であるからゆえ、生ある人々の多数はどうしても目を背けざるを得ない。生に絶望し死を望む人にアドバイスをする人は、一生懸命生の正義と、死の悪を語る。相手に物語を信じるように説得する。しかし、それはとても空しいものだ。物語を信じない人にとってこれほど意味のないものはない。しかし、意味はなくても、物語に生きる人は、説得し続けるしかない。生の物語を否定してしまえば、自分は存在することが出来なくなってしまうからだ。

ここで大切なのは、生の物語の無意味さに気づいた人のほうが、物語が絶対正しく当たり前のように自然的発生によるものだと認識している人より、より真理に近づいているという事である。物語否定論者は、生きていくために物語を信じるたり、信じるフリをすることが出来るようになっても、一方でその無意味さを必ず視野に入れて生きていく。物語信奉者は、一生死という問題を感知しない。しかし、生死に関する真理に物語否定論者が近づいたとしても、死が訪れたら否定論者も信奉者も同じになる。死が訪れしとき、ずべてが無になるだ。だから、結局いくら生のうちに真理に近づいたとしても、意味のないことかもしれない。意味のないことに対して、悩み、葛藤するのであれば、素直に物語を信じて、楽しんで生きればいいのかもしれまい。

しかし、意味のないことだとしても、真理に近づくという事は、何か人間として、楽しむという事や、生きるという事よりも、重大なことであると感じるのは僕だけなのだろうか。そして、そういう問題に対して、悩み、葛藤する人のほうが、ある意味人間らしいのではないか。自分の生死という問題を見ぬフリをして、一定のときが立てばいつか消え去さっていく。この一連の流れに一片の疑問もはさまないという事は、とても人間的だとは思えない。いっそ、機械的であると思える。自分の生死に対して疑問を発し、悩みながら、最後はその悩みの中に消え去っていくほうが、人間としての存在意義へ戦いとして人間的であると思われる。最後は無になってしまうのであれば、せめて無への挑戦を挑むのが生あるものの使命なのではないだろうか。
[PR]
by mementojo | 2005-06-06 04:46

高台の罪と罰。

何故に世の馬鹿達はこうも想像通りの行動をするのだろうか。こういうとあたかも自分が村の高台に上がって、愚鈍な村民を見下すイメージがあるのだけれども、もちろん自分も村民なのであって、そこには決定的な差異はない。何かしら差異があるとしてもせいぜい高台に昇る意味を知っているくらいだ。高台に上ったところで自分は町人になるわけでもないし、まぁ、町人が偉いわけでもない。僕は飽くまでも村民であって、身分はわきまえている。しかしながら高台から見下ろす愚鈍な村民の振る舞いは、僕をいらだたせる。おそらくもっと高い高台があって、そこにまた違う村民がいるとしたら、僕のこの振る舞い事態がまたその村民をいらだたせるのだろうかと考えてみると、結局何がなんだかわからなくなる。そう考えると高台に昇る事自体が愚鈍な事であり、愚鈍な村民は高台に上がっている俺をみて「あー馬鹿がまたなにかやってるわ」くらいの感覚で俺を軽蔑しているかもしれない。「降りてきたらまた遊んでやってもいいかな」くらいの感覚なのかもしれない。結局俺は村民であるから、生活する場としては村以外どこにも無い。一方で村を憎み、一方で村に従属する。そこには選択の自由が黙殺されている。結局は村がないと生きていけないのである。しかしながら、ー 俺から見て - 愚鈍な振る舞いをしつつ村で生活していかなければならないのは、高台に上った経験からして耐えられないものであるが、一方でその現実はある種の救いにもなっている。「踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら踊らにゃ損損」という唄が昔あったが、今は「損」ではない。同じ阿呆なら「踊らねばならない」のである。俺は世の馬鹿達と同じように想像通りの行動をしつつ、一方で高台に上がって馬鹿達を蔑む。この不健康が生活が続くうちは、きっと世界は平和なのであろう。俺にはそのように見える。少なくとも、村から出ようとしない限りは。
[PR]
by mementojo | 2004-09-28 09:47

砂漠と落とし穴。

人生などい価値のナイものだと多くの人達が結論づける。僕もああそうだなとその結論を受け入れつつもやはり生きてしまっている。人生など価値のないモノだとわかっていても、かといって自殺したい欲求などないし、そうしようとも思わない。それは楽しい時を過ごしている時ほどそう思う。しかし、人生に価値などナイのだ。100歳まで行きようと、ホリエモンの様に財に囲まれていようと、死というモノは確実に訪れ、これまで自分が持っていた生を、一片の残骸も残さず消してしまうからだ。まるでブラックホールの様に生は否定される。その事実を僕達は、楽しい時は充実してる時ほど麻酔にかけられたように忘れてしまう。忘れなければいけないのだ。かといって生きる意味を否定する気にはならない。それを否定してしまうと人間は生きていけないからだ。人は死という終焉を麻酔を打つことで忘れ、生をむさぼる。砂漠のようなまっ平で真っ暗闇の道を、口笛吹いてでも楽しんでいる。しかし、その道の端に在るものは死という落とし穴である。その落とし穴は1メートル先かもしれないし、40㌔先かもしれない。しかし、それは確実に訪れるのだ。このサイトの名前はめめんと森 -memento mori(死を忘れるな)ー である。死は生の一部であり、生は死の一部ではナイ。生は有限であり、死は無限である。そのような事実を前にして、僕達はいかに生を生きるのか。それが問題である。多くの有名小説家は「漠然とした不安」のうちに自らの命を絶った。自殺は思考の中断であり、卑怯な逃亡であるという言葉を三島由紀夫は語り、後に自らの命を絶った。幸せになる方法。語る技術。国際政治。親友。セックス。家族。交渉力。学歴。容姿。綺麗になる方法。ダイエット。祖先。自分。その他多くの物事は、死によってやがてないものとして扱われる。麻酔を打ち、まっというな人生を送るのか。麻酔を打たず、常に恐怖と失望感の内に人生を満たし死んでいくのか。多くの人は -俺を含めー 後者を選ぶ。なぜなら生きてしまっているから。そして、死の実態を誰も知らないから。だれも知らない真っ暗な部屋のノブを回したくはない。しかしながら、全ての人はすでにその部屋の前にいる。そして、そのノブに手をかけている。俺はそういう漠然とした不安の中で、今日も麻酔を打ち、いつ回すかもしれないノブに手をかけ、もしくはいつ落ちるかもしれない落とし穴に向って歩き続けている。こういう事を考えている俺がバカなのか、考えていない人がバカなのか、しかしこういう問いも、死という事実の前には全く無意味なものとして俺の目には映る。さて、どうしたものか・・・。そう考えつつ、今日も俺はまっとうな人生を歩もうとしている。砂漠のど真ん中で、がむしゃらに口笛を吹いて楽しんでいるフリをする。
[PR]
by mementojo | 2004-09-28 09:40

おしながき

一つのサイトにシリアスな事とバカな事を一緒に乗せるのはどう考えても不自然だったし、書いてる自分としても気分が悪いところがあったんで、切り離します。いわずもがなこっちがシリアスな事バージョン。

杜はモリと読みます。向こうサイトの「森」のイメージとしては、夏休みの少年たちがクワガタを探しまわるような自由的な意味を込めたモリ。こっちの「杜」のイメージは、森を自由に走り回っていても、やはり現実としてドンと構えている、忘れてはいけないモノとしてのモリ。

まぁ、こんな意味のないサイトを二つもやってる時点で暇な学生の象徴な気もするんだけれども、実際俺は暇な学生だし、学生だからこそこういう意味のないことに時間を使う特権があるのかもしれない。まぁ、なくてもいいんだけどね。

自分の思考を文字にすることは大切だ。それは相手に伝えるという事を怠った言葉たちであっても、僕にとってそれらは十分存在する価値はある。相手に何を言いたいわけでもなく、ましては何か変えたいとも思ってはいない。俺が生きていて、今この瞬間に何を考え、どう表現するかと言うことをココで書く事は、いかにも役に立ちそうないかなる助言や愛情になんら劣る点はない。少なくとも、俺にとっては。だから、僕は言葉を紡ぐ。

しかし、僕がただ単に相手を意識せず自己満足のうちにこのHPを運営するのかというと、やはり疑問。そんならばワードでやればいいんだ。めんどくさいブログなんかでするより。そこにはやはり他者とのかかわりを求めているのかもしれない。人間は社会的な生き物であるという呪縛どおりに僕はキーを叩いている。まぁ、そんなことどちらでもいい。さしてたいした問題じゃない。

ここで書いている人。
阿寒 条

身分。
大学生。

将来の夢。
安らかな死。
[PR]
by mementojo | 2004-09-28 06:17