真理

誰も生とは何かということは語れない。なぜなら、死の意味を見つけ出せないものに、生の意味づけは不可能であるからだ。生の最終目的地である死は、生の消滅によって達成される。生の消滅が行き着く先であるのならば、途中下車しても何も変わらないのではないか。今死ぬことと、後で死ぬことに、一体どれだけの違いがあるというのか。

人々は物語に生きている。
親子愛という物語。友情という物語。愛情という物語。国民という物語。家族という物語。法律という物語。生きる事をのみ目的として存立する物語に、人々は所属している。死ぬという事を本源的に捕らえて物語は作られない。宗教の輪廻転生や、天国も、所詮は生を物語る上で作られたに過ぎない。なぜ死ぬという事を目的として物語を作られないか。それは、そもそも死ぬという事を物語れないからである。死ぬことを目的としてしまえば、家族や友情や国家など、意味のないことになってしまい、生の座標を位置づけることは不可能になってしまう。

死とは絶対的な存在だ。絶対的であるからゆえ、生ある人々の多数はどうしても目を背けざるを得ない。生に絶望し死を望む人にアドバイスをする人は、一生懸命生の正義と、死の悪を語る。相手に物語を信じるように説得する。しかし、それはとても空しいものだ。物語を信じない人にとってこれほど意味のないものはない。しかし、意味はなくても、物語に生きる人は、説得し続けるしかない。生の物語を否定してしまえば、自分は存在することが出来なくなってしまうからだ。

ここで大切なのは、生の物語の無意味さに気づいた人のほうが、物語が絶対正しく当たり前のように自然的発生によるものだと認識している人より、より真理に近づいているという事である。物語否定論者は、生きていくために物語を信じるたり、信じるフリをすることが出来るようになっても、一方でその無意味さを必ず視野に入れて生きていく。物語信奉者は、一生死という問題を感知しない。しかし、生死に関する真理に物語否定論者が近づいたとしても、死が訪れたら否定論者も信奉者も同じになる。死が訪れしとき、ずべてが無になるだ。だから、結局いくら生のうちに真理に近づいたとしても、意味のないことかもしれない。意味のないことに対して、悩み、葛藤するのであれば、素直に物語を信じて、楽しんで生きればいいのかもしれまい。

しかし、意味のないことだとしても、真理に近づくという事は、何か人間として、楽しむという事や、生きるという事よりも、重大なことであると感じるのは僕だけなのだろうか。そして、そういう問題に対して、悩み、葛藤する人のほうが、ある意味人間らしいのではないか。自分の生死という問題を見ぬフリをして、一定のときが立てばいつか消え去さっていく。この一連の流れに一片の疑問もはさまないという事は、とても人間的だとは思えない。いっそ、機械的であると思える。自分の生死に対して疑問を発し、悩みながら、最後はその悩みの中に消え去っていくほうが、人間としての存在意義へ戦いとして人間的であると思われる。最後は無になってしまうのであれば、せめて無への挑戦を挑むのが生あるものの使命なのではないだろうか。
[PR]
# by mementojo | 2005-06-06 04:46

高台の罪と罰。

何故に世の馬鹿達はこうも想像通りの行動をするのだろうか。こういうとあたかも自分が村の高台に上がって、愚鈍な村民を見下すイメージがあるのだけれども、もちろん自分も村民なのであって、そこには決定的な差異はない。何かしら差異があるとしてもせいぜい高台に昇る意味を知っているくらいだ。高台に上ったところで自分は町人になるわけでもないし、まぁ、町人が偉いわけでもない。僕は飽くまでも村民であって、身分はわきまえている。しかしながら高台から見下ろす愚鈍な村民の振る舞いは、僕をいらだたせる。おそらくもっと高い高台があって、そこにまた違う村民がいるとしたら、僕のこの振る舞い事態がまたその村民をいらだたせるのだろうかと考えてみると、結局何がなんだかわからなくなる。そう考えると高台に昇る事自体が愚鈍な事であり、愚鈍な村民は高台に上がっている俺をみて「あー馬鹿がまたなにかやってるわ」くらいの感覚で俺を軽蔑しているかもしれない。「降りてきたらまた遊んでやってもいいかな」くらいの感覚なのかもしれない。結局俺は村民であるから、生活する場としては村以外どこにも無い。一方で村を憎み、一方で村に従属する。そこには選択の自由が黙殺されている。結局は村がないと生きていけないのである。しかしながら、ー 俺から見て - 愚鈍な振る舞いをしつつ村で生活していかなければならないのは、高台に上った経験からして耐えられないものであるが、一方でその現実はある種の救いにもなっている。「踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら踊らにゃ損損」という唄が昔あったが、今は「損」ではない。同じ阿呆なら「踊らねばならない」のである。俺は世の馬鹿達と同じように想像通りの行動をしつつ、一方で高台に上がって馬鹿達を蔑む。この不健康が生活が続くうちは、きっと世界は平和なのであろう。俺にはそのように見える。少なくとも、村から出ようとしない限りは。
[PR]
# by mementojo | 2004-09-28 09:47

ー小説ー   手を伸ばせば消えるモノ

 僕は一体どこに立っているのだろうか。  

ここは一体どこなのだろうか。僕はタチバナ・アキラという名前で、ここ香川で建築系の会社に勤めている28歳の既婚者で、娘がいる。家庭はおおむね健全で、世間で言う幸せな生活を安定しておくっているという姿がこの世界での僕の立地点だろう。しかし、それが何だっていうのかという一種のひねくれた考え、いや、僕にとって歴然として正しい考えが、僕の右手に握られた包丁に無様なほどありありと表れている。それは幼稚園児が飛ぶ鳥を見つめ何故自分は空を飛べないのかという疑問とよく似ている。現実を把握できていないのである。  いや、僕にとって現実とは把握すべきものでなくて、ただ、そこにある一つの可能性に過ぎない。

それは数年前にキレル17歳という現象が問いかけた、何故人を殺してはいけないのですか?という問いがフォーカスされた雰囲気に合致する。ただ、17歳という自我や自己愛、自己顕示欲に支配されがちな人間が、社会に深い亀裂を生じさせるのが面白いという純粋かつ無思考が生み出すモノではない事が唯一の僕と17歳の差異である。僕は28歳でり、有名大学を出て、責任ある社会人として生きているのであり、無鉄砲な思考に支配され行動に移すような無責任な人間ではないからである。

 しかしながら、僕がたった今自分の妻と娘を刺し殺したという事実は、17歳のそれとなんら変わりないように世界には映るだろう。そこには僕の思考は一切入り込まないだろうし、入り込めない。僕にはわかることは、僕以外にはわからないのだ。いや、僕以外の人間はわかるはずもないし、僕も分かってもらおうとも思わなかった。そこには自己顕示欲も、自己愛もなにもないのである。僕にはこの行為について、世界を納得させるだけの理由を持ち合わせていない。  

僕にとってこの「殺人」は、朝コーヒーを飲む事、会社に出勤するために狂ったような満員電車に乗る事、夜に妻を抱く事といった日常的な行動となんら変わりない行動であった。そこに僕が殺人を犯してはならないと言う理由は、僕が探す限り、どこにもなかったのである。僕が妻つ娘を殺すと言う事に、一体どういう意味があるのだろうか。妻はさっき僕が左胸を一突きし、絶命した。しかし、僕が殺さなくても妻は確実に死ぬであろうし、ひょっとしたら僕が殺す一秒前に自殺したかもしれない。娘の同じだ。  

僕が確かめてみたかった事は、死と生との間に、一体何があるのだろうかというちょっとした好奇心が生んだ行為だ。その結果、妻は死んだ。僕の前にある血の海にその身を沈める彼女は、はてさて一体なんなのか。彼女は死ぬ直前は痛かったに違いない。それは経験していなくても分かる。包丁で刺されると痛いのだ。しかし、今の彼女は痛みを感じているのであろうか。僕には分からない。僕は死んだ事がないからだ。僕はそっと妻の髪に触れてみた。妻の髪は生きていた時と同じようにゆるいパーマのかかった痛んだ髪であったし、そこには死と生の区別なぞ一欠けらも見つけ出せなかった。ただ、それはそこにあった。現在でも妻の血は出続けているし、もしかしたら妻は生きているかもしれない。しかし、僕にとってそんな事はどうでもよかった。永遠に続くであろう彼女の死に、確実に終わるであろう ー 実際に終わったのだが ー 生はいつかは飲み込まれるものであったし、僕が興味があるのは生と死の切り離しにどのような意味があるのという切実な好奇心であり、それは僕の人生の中でなによりも重要な体験であった。

 どれくらい時間が経ったのだろうか。つけっぱなしにしてあったテレビは、いつの間にかカラーバーが映し出されており、一切の沈黙を保っていた。その間、僕はずっと血の海に溺死している妻と娘を見つめていた。いや、実は何も見つめてなかったかもしれない。しかし、僕の意識は僕の優秀な眼球を通じて、妻と娘と、それを取り囲む血の海を捉えていた。その間、僕はずっと考えていた。妻と娘を殺しても、何も感じないのは何故か。もちろん妻と娘が死んだ事、殺した事は悲しかった。時として涙も流れたかも知れない。定かではないが、それがこの世界のしきたりであり、僕もそれに属する生物として泣くことを要求されていたのであろう。しかし、そんなこと最初からとんだ茶番劇だと俺は見抜いていた。そんなものに囚われていたら、そもそもこんな世界に歯向かう行動なぞ僕は取らない。僕は28歳の大人なのである。

 妻と娘を見ているうちに、僕はどんどん自分がこの異様な空間に解けていくのを感じた。それはキンキンに冷えたビールが、9月の気だるい熱気にさらされ段々暖かくなるのと似ていた。この異様な空間は僕を僕から離れさせていく。僕は一体ここで今何をしているのか?僕は一体何をし、何を求めているのか。それが分からなかった。本当に分からなかった。そして僕はこの奇妙な感覚を好んだ。一時間くらいたっただろうか。そこで僕はぼんやり結論を出した。結局、人間は人間なのである。それ以上でないし、それ以下でもない。ただ、いまの世界は人間にそれ以上を望んでいるのである。僕には生きる意味がずっとわからなかった。死ぬ意味ももちろんわからなかった。そもそも意味とはなにかが全く分からなかった。そういういうことを考えると、世界は世界の意味を僕に押し付けようとする。まるで中学生のタバコを必死で取り上げる親のように。僕はそんなものを鼻から相手にしてなかったし、毛嫌いしていた。一体、お前たちに何が分かっていると言うのか?

 僕は世界とは関係がないのだ。そもそも、世界になんの意味があるのだろうか。世界は死んだ妻と娘を蘇生することができるのだろうか。死を生に戻す事が出来るのであろうか。世界には無駄が多い。物事はもっと単純でいいはずだ。物事はホールインワンのように、スコーンと何のよどみも無く描く軌道にのって、あるべき場所に運ばれるはずだ。僕にはそれについて確信があった。不思議だが、あった。何故だかは説明できないが、そもそも僕には説明する相手なぞいないので、そのへんは気にしなくてもいい。とにかく、一体だれがこのいびつな世界を作ったのであろうか。僕はどうしようもない憤りを感じていた。しかしすぐにさめた。所詮、僕は世界と何の関係もないという事実がクーラーのように僕の熱を冷ました。

 僕が興味あるのは、僕なのだ。妻と娘の死を吟味したあと、彼女たちに何も変化のない事を確認し、僕は自分の左胸に包丁を差し込んだ。それは今まで体験した事の泣き激痛であった。しかし、そんな激痛でさえ、僕とは関係のない事だった。血があふれ出した。ただ、血が僕の体から流れ出した。僕はそれを確認し、目で追った。それが今の自分の精一杯の動作だった。僕の血がテーブルの足にかかるかかからないかというところまで流れた所で、意識を失った。そして僕は落ちていった。真っ暗闇を歩き続けた僕は、とうとう地球の淵のある崖を通り過ぎてしまった。そして、ただ、真っ暗闇のなか、落下していった。

 しかし、生から死への変化というものが、歩いているか落下しているかという些細な、あまりにも些細な違いしか生み出さなかった事に、僕は失望を禁じえなかった。僕は僕の存在を全て否定されたような気になった。結局、僕は何故生きてしまったのだろうか。何故、生かされたのであろうか。そして、何故みんなは堂々と生きる事ができるのだろうか。僕は叫びたくなった。お前ら、一体何をわかっているって言うんだ!!しかし今の僕にとってそれはなんの利益にもならない。もはや僕は生を手から離してしまい、死に飛び込んだのであるからだ。実は頭の片隅で、僕の背中から鳥のような羽が生えて、また淵まで戻れる事も期待はしていたが、どうもそうはいかないようだ。オッケー、それならばそれでいい。どうせ何も換わりはしないのだから。僕は永遠の落下に身を任せた。そして、僕は静かに目を閉じた。景色は真っ暗闇だ。しかし、歩いている時からすでに真っ暗闇であったのである。結局何も変わらないのである。物事は結局単純なのだ。全てはあるべき場所に今でも収まっているのである。

 今やもう落下しているのかどうかも定かではない意識の中、僕は真っ暗闇になった。
[PR]
# by mementojo | 2004-09-28 09:43 | 小説

砂漠と落とし穴。

人生などい価値のナイものだと多くの人達が結論づける。僕もああそうだなとその結論を受け入れつつもやはり生きてしまっている。人生など価値のないモノだとわかっていても、かといって自殺したい欲求などないし、そうしようとも思わない。それは楽しい時を過ごしている時ほどそう思う。しかし、人生に価値などナイのだ。100歳まで行きようと、ホリエモンの様に財に囲まれていようと、死というモノは確実に訪れ、これまで自分が持っていた生を、一片の残骸も残さず消してしまうからだ。まるでブラックホールの様に生は否定される。その事実を僕達は、楽しい時は充実してる時ほど麻酔にかけられたように忘れてしまう。忘れなければいけないのだ。かといって生きる意味を否定する気にはならない。それを否定してしまうと人間は生きていけないからだ。人は死という終焉を麻酔を打つことで忘れ、生をむさぼる。砂漠のようなまっ平で真っ暗闇の道を、口笛吹いてでも楽しんでいる。しかし、その道の端に在るものは死という落とし穴である。その落とし穴は1メートル先かもしれないし、40㌔先かもしれない。しかし、それは確実に訪れるのだ。このサイトの名前はめめんと森 -memento mori(死を忘れるな)ー である。死は生の一部であり、生は死の一部ではナイ。生は有限であり、死は無限である。そのような事実を前にして、僕達はいかに生を生きるのか。それが問題である。多くの有名小説家は「漠然とした不安」のうちに自らの命を絶った。自殺は思考の中断であり、卑怯な逃亡であるという言葉を三島由紀夫は語り、後に自らの命を絶った。幸せになる方法。語る技術。国際政治。親友。セックス。家族。交渉力。学歴。容姿。綺麗になる方法。ダイエット。祖先。自分。その他多くの物事は、死によってやがてないものとして扱われる。麻酔を打ち、まっというな人生を送るのか。麻酔を打たず、常に恐怖と失望感の内に人生を満たし死んでいくのか。多くの人は -俺を含めー 後者を選ぶ。なぜなら生きてしまっているから。そして、死の実態を誰も知らないから。だれも知らない真っ暗な部屋のノブを回したくはない。しかしながら、全ての人はすでにその部屋の前にいる。そして、そのノブに手をかけている。俺はそういう漠然とした不安の中で、今日も麻酔を打ち、いつ回すかもしれないノブに手をかけ、もしくはいつ落ちるかもしれない落とし穴に向って歩き続けている。こういう事を考えている俺がバカなのか、考えていない人がバカなのか、しかしこういう問いも、死という事実の前には全く無意味なものとして俺の目には映る。さて、どうしたものか・・・。そう考えつつ、今日も俺はまっとうな人生を歩もうとしている。砂漠のど真ん中で、がむしゃらに口笛を吹いて楽しんでいるフリをする。
[PR]
# by mementojo | 2004-09-28 09:40

おしながき

一つのサイトにシリアスな事とバカな事を一緒に乗せるのはどう考えても不自然だったし、書いてる自分としても気分が悪いところがあったんで、切り離します。いわずもがなこっちがシリアスな事バージョン。

杜はモリと読みます。向こうサイトの「森」のイメージとしては、夏休みの少年たちがクワガタを探しまわるような自由的な意味を込めたモリ。こっちの「杜」のイメージは、森を自由に走り回っていても、やはり現実としてドンと構えている、忘れてはいけないモノとしてのモリ。

まぁ、こんな意味のないサイトを二つもやってる時点で暇な学生の象徴な気もするんだけれども、実際俺は暇な学生だし、学生だからこそこういう意味のないことに時間を使う特権があるのかもしれない。まぁ、なくてもいいんだけどね。

自分の思考を文字にすることは大切だ。それは相手に伝えるという事を怠った言葉たちであっても、僕にとってそれらは十分存在する価値はある。相手に何を言いたいわけでもなく、ましては何か変えたいとも思ってはいない。俺が生きていて、今この瞬間に何を考え、どう表現するかと言うことをココで書く事は、いかにも役に立ちそうないかなる助言や愛情になんら劣る点はない。少なくとも、俺にとっては。だから、僕は言葉を紡ぐ。

しかし、僕がただ単に相手を意識せず自己満足のうちにこのHPを運営するのかというと、やはり疑問。そんならばワードでやればいいんだ。めんどくさいブログなんかでするより。そこにはやはり他者とのかかわりを求めているのかもしれない。人間は社会的な生き物であるという呪縛どおりに僕はキーを叩いている。まぁ、そんなことどちらでもいい。さしてたいした問題じゃない。

ここで書いている人。
阿寒 条

身分。
大学生。

将来の夢。
安らかな死。
[PR]
# by mementojo | 2004-09-28 06:17